上越保健医療福祉専門学校

お問い合わせ025-522-7475

学校紹介
School introduction

ごあいさつ|Greeting

学校法人仁寿会 理事長 川室 優(かわむろ ゆう)

 21世紀は、超高齢社会・介護の時代と言われます。
 上越保健医療福祉専門学校は、時代のニーズに応え「地域の介護を支える人材の育成」を目標に1997年に開校し、19周年を迎えました。本校に学んで介護福祉士の資格を取得した卒業生はすでに527名となり、ほとんどが上越地域の福祉の現場で活躍しています。
 働く世代の3人で1人のお年寄りを支える時代と言われます。お年寄りの住みよい明るく優しい町づくりに必要なのは、皆さんのパワーと純真な心です。
 本校は1学年35名の小さな学校ですが、教師と学生の信頼をモットーに、一人一人を大切にした楽しく理解しやすい講義を展開します。国際感覚を身につけ世界に視野を広げるために、アメリカの大学の先生にも特別客員講師になっていただいたり、海外研修旅行も実施しています。
 福祉の道を志す皆さん、本校でご一緒に明日の福祉を学び、思いやりの心を育て、資格を身につけて期待される介護福祉士として羽ばたきましょう。

上越保健医療福祉専門学校 学校長 歌川 孝子(うたがわ たかこ)

 介護福祉士への道を目指している皆さん!

 本校は介護福祉士を養成する上越で唯一の専門学校です。
 「自立支援」「多職種協働チームケア」「個別実践力」等社会に求められる質の高い介護福祉士を育てることを教育方針に掲げ、充実した教育内容ときめ細かい指導を行っています。
 今、確かな技術と豊かな感性を身につけた卒業生は、地域から期待され様々な福祉の現場で活躍しています。
 さて、我がキャンパスは春には4千本の桜、夏には東洋一の蓮の花など四季折々に美しい高田城址を望む高台にあり、妙高、米山など頚城の山々の雄姿を一望できる素晴らしい環境に恵まれています。
 歴史と緑に包まれた学習環境の中で、同じ目的を持った仲間と充実した学校生活を過ごしませんか。
 私たちは、しっかりとした教育で介護福祉士の国家資格の取得へ繋げます。
 本校であなたの夢をぜひ実現してください。